小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > 相続関連の質問あれこれ

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

相続関連の質問あれこれ

2015.06.15

横浜の税理士赤沼です。

何人かの方(顧問先以外)に質問をいただきました。

Q1 お孫さんに300万円ものお年玉をあげている方がいらっしゃるが、贈与になるのか?

A1 少額ならともかくこれはあきらかな典型的贈与にあたります。

しかしことはそんなに単純ではありません。

実際には貸付金ではないのかと税務署は主張する場合があります。

また単にお金を預けただけで貸付金でも贈与でもなく、その現金は相続財産となると主張されるかもしれません。

後に相続が発生した後、相続税調査の際にこのやり取りが生じます。

特に贈与税の時効がせいりつする6年もしくは7年以上前の贈与であれば、間違いなく貸付金か名義財産として相続財産として主張されることになります。

こちらは贈与税申告書と贈与契約書があればまだしも、無ければ相当に危険だと言えます。

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら