小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 相続 > 相続案件リスクはコミュニケーションにあり

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

相続案件リスクはコミュニケーションにあり

2015.06.12

先日、相続等資産税畑一筋という先生方のお話を様々伺ってきました。

感想はやはり相続等の資産税は厄介だということです。

内容そのものの難しさは、法人税等でもどんな分野でもそれなりにあるという点で同じなのですが、問題はその難しさをどのようにカバーするかというところです。

法人税等のお客様は会社経営をされている方ですから、ある程度は共通の関心事や知識があります。

またある程度は理にかなった考え方、行動習慣をお持ちです。

しかし相続税のお客様には、それらの基準が当てはまらない方も当然いらっしゃいます。

対象になる方がたまたま相続税を支払うほどの財産に関わったすべての人です。

相続税申告をされる方は相続が発生したうちの5%位、今年度以降増えたとしても8%位と言われています。

世の中の大部分の方は相続税申告のために税理士と会う必要はありません。

しかし税理士とは今まで全く縁が無かった人が、たまたま相続税申告のために税理士と契約しなければならない事態が多数生じます。

その時コミュニケーションがうまくいかないで後々問題になるということが多くなると予想されます。

お客様にとっても、私たち税理士にとっても心して取り組まなければならない問題です。

 

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら