小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > お知らせ > 税務顧問先から不正関与の相談

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

税務顧問先から不正関与の相談

2015.06.04

横浜駅前の税理士赤沼です。

私が税務顧問をしているお客様から不正に関与するよう依頼されているというご相談を受けました。

そちらのお客様は建築土木関係の会社です。

何でも取引先の発注担当者から不正に協力するように依頼されているというのです。

そのその発注元会社から水増しした発注をするから、その水増し分を発注担当者個人の会社に振り込んで欲しいというのです。

すなわち水増しの売上が立ち入金しますが、そっくりそのままそちらの個人会社に外注費として支払うので、このお客様の会社自体には特に迷惑はかからないというのです。

しかしこれほど危ない話はありません。

発注元会社にばれたら、共犯者として訴えられて全額賠償しなければならなくなる可能性が大きいです。

また最悪逮捕、最低でも書類送検される可能性もあります。

その後公共工事には一切関われなくなるかもしれません。

そちらの会社内でもこの黒い噂が流れているようで、ばれない保証はありません。

顧問税理士としては、最悪の最悪顧の場合、問税理士にも危害が及ぶ危険もあるし、この不正関与を続けるなら顧問税理士の契約は解除せざるを得ないと伝えて断るようにと言いました。

その後、この件の協力依頼はよその業者に向かっているそうで、案の定当社への発注額は以前の半分近くに落ちました。

しかしできることとできないこと、して良いことと絶対してはいけないことがありますから、深みにはまる前に断ったのは本当に良かったと思っています。

顧問税理士にはいろいろな相談が来るものですが、今回のようなお話は実際のところかなりあちこちで起きていることと感じています。

よく今まで直接身近で話題にならなかったものだと思います。

 

 

 

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら