小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > お知らせ > 税金の納付書問題

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

税金の納付書問題

2015.05.25

横浜駅前の税理士赤沼です。

毎年の決算で出てくる法人税・消費税ですが、支払う時には納付書を手に銀行か郵便局等の金融機関窓口にお客様が出かけるのが一般的です。

また同じ納付書をお持ちになって税務署で支払うことも可能です。

また出かけなくてもダイレクト納付とか電子納税という会社の口座から直接振り込む方法も登録をしていればできます。

さて先日の確定申告の時や飛び込みで過去何年分かの決算申告を依頼されたり、修正申告になった時に少々困った現象があります。

それはその度にその税金納付書を近くの税務署に取りにいかなければならないということです。

当事務所では最寄となると保土ヶ谷税務署か中税務署になります。

電車の連絡の良さから見ると実質的には中税務署が一番近いでしょうか。

そちらに毎回使用する納付書を取りに出かけなければなりません。

以前は白紙の全く記入されていないオールマイティな納付書というものがあり、どこの税務署のどんな税目でも使用できたものです。

しかし今はそのような納付書を入手できないようになりました。

コスト削減や電子納税促進のためかもしれませんが、私たち税理士事務所にとっては頭が痛いところです。

 

 

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら