小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > 復興特別法人税終了

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

復興特別法人税終了

2015.05.15

横浜駅前の税理士赤沼です。

今月は平成27年3月決算法人の申告月です。

復興特別法人税が一年前倒しで廃止になり、平成26年4月1日以降開始事業年度から適用が無くなりました。

すなわち今月申告の平成27年3月決算法人からということです。

この制度ができて以来、決算の度に法人税申告書に加えて復興特別法人税申告書を作成して、法人税の10%の復興特別法人税を申告納付して貰っていました。

預金利子等に係る復興特別所得税をこのから控除する制度になっているため、赤字等で法人税が生じない法人でも復興特別所得税の還付申請のためにわざわざ復興特別法人税申告書を作成しなければならず、いかがなものかなと思っていました。

また税務調査等で法人税の増差が出た場合、当初法人税が無くかつ復興特別所得税還付も無いために復興特別法人税申告をしていなかった場合には、無申告加算税がかかるというリスクがあるために、機械的に常に復興特別法人税申告書を提出すべきだという意見もありました。

こちらからも解放されます。

法人顧問先にとっては法人税が年800万円以下であれば15%×110%=16.5%であったのが、15%に戻るということです。

しかし喜ぶのは束の間で、実は15%部分が本来の19%に戻ります。

結局2.5%増税です。

しみじみ思ったことを書いてみました。

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら