小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税務・会計 > 相続税の本花盛り

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

相続税の本花盛り

2015.05.01

最近は、書店に行くと、同じジャンルの本が山のように陳列されているのを目にします。

大河ドラマ以来吉田松陰の本、これは毎度のことなので無理からぬことと思います。

以前に引き寄せの法則が流行った時も類似の本がたくさん並んでいました。

ホ・オポノポノとかお金にまつわる話とか私が個人的に興味を持つ分野だけのことではないでしょう。

そして今年、いや昨年末頃から増えてきて、最近小康状態なのが、相続税対策本です。

遺産に係る基礎控除額が5,000万円+法定相続人×1,000万円から3,000万円+法定相続人×600万円に平成27年から引き下げられたのに伴い、相続税申告対象者が大幅に増えると予想されて、税理士業界も色めきたっている状態です。

でも書店の棚を見ると、ずらりと似たような書名の書籍が並んでいます。

最近のトレンドを把握するには良いかと思いますが、内容はどれも似たりよったりです。

ただしそのうち数冊を購入して読んでみると、相続税対策にもいろんなアプローチの仕方や考え方、目の付け所があるんだと気づかされます。

また相続税対策だけの本もあれば、遺産分割にページを割いている本もありますし、事業承継中心の本、相続税対策よりも経営組織の維持に力点を置くものまで、様々です。

私も税理士として、しっかりとした考え方を持っていなければ、お客様の興味関心に合わせているだけでは、本当にご満足いただける税理士業務の提供はできないのだと考えさせられました。

 

 

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら