小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 会社設立・創業支援 > 成功する創業のポイント-1 創業計画について

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

成功する創業のポイント-1 創業計画について

2015.04.13

私ども赤沼公認会計士税理士事務所Q-TAX横浜きた東口店では、新規創業されるお客様がスムーズに事業を軌道に乗せられるように力を入れております。

特に新規開業時に事業資金を調達するためのお手伝いも積極的に行っています。

具体的には、これから開業する段階ですから実績が無く、社会的信用力が無い状態で、金融機関からなるべく良い条件で、事業の負担にならないような融資を引き出せるように創業計画書の作成についてアドバイスさせていただいたりしております。

そこで作成する創業計画書について思うところがあります。

創業計画書の主な内容は、事業の内容がどんなものかということです。

何の業種で、何を仕入れて何を売るのか、値段はいくら位なのか、人件費・家賃・経費はどれだけかかるか、開業資金はどれだけをどこから調達して用意するのか、そして最終的にどれ位儲かるのか。

創業計画書は日本政策金融公庫、信用保証協会等でそれぞれ定められた書式がありますが、内容はほぼ同じです。

これらの書式を新しく開業を予定されている方に示しますと、当然のようにすらすらと何にどれだけのお金がかかるか答えられる方と、この場で初めて考え始める方がいらっしゃいます。

前者はだいたい同じ業種の仕事を長年勤務された経験があり、いよいよ独立される方です。

後者は全く初めての業種・職種の仕事を始めようという方です。

前者の方でも、お勤めと自分での経営との違いに最初は必ず戸惑うことになりますから、事前準備と覚悟をしっかり計画段階ですることができます。

また後者の方であれば当然に事業を始めてから「こんなはずではなかった。」と後から後悔する事態を避けることができるかもしれません。

とにかく最初は何もかも初めてでしょうから、わからないのは当然だとして、一つ一つ新しく事業に必要なことを身に付けていっていただければそれで良いと考えています。

創業支援をする税理士のスタンスはそのようなものですから、お客様にあってはとにかく最初は遠慮せずに疑問をぶつけていただきたいと思います。

 

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら