小さな会社のための、気軽に相談できる横浜の税理士

赤沼公認会計士税理士事務所 あなたの街の会計事務所 Q-TAX 横浜きた東口店

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1074 受付時間 9:00~18:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > 税理士変更が多い季節

無料相談実施中

120-371-910 店舗番号は1074

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

選ばれる理由

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

横浜市神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、鶴見区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、港南区、戸塚区、金沢区、栄区、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市、綾瀬市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、東京23区

上記以外にもご要望があればお伺いしております。

税理士変更が多い季節

2015.03.24

税理士との顧問契約を見直して、顧問税理士を変更することが多い季節は、ずばり丁度今頃から来月の4月再来月5月だという印象があります。

実際に従来の顧問税理士と袂を分かれて私のところへ来られた多くのお客様のことを思い起こすと、ぴったり当てはまります。

3月決算の会社が多いということから、丁度きりの良いところでチェンジしようとすると、このようになるのだと思います。

税務顧問の変更を検討中もしくは、既にお決めになっていらっしゃたお客様には、私は常々お話していることがあります。

それは現在の税務顧問の先生にいかに非があったとしても、過ぎてしまったこと・今からどうしようもないことに関しては、我慢できることであれば我慢して可能な限り穏便に契約解除が済むように進めていただきたいということです。

今までの税務顧問に依頼されていた時期の取引内容について後日問い合わせたり、協力を仰ぐ必要も多々出てくることがあります。

大部分の税理士は、税理士としての常識・良識に従って、ある一定レベルのお仕事は間違いなくしているはずですが、税理士の性格・人柄・考え方・方針とお客様とうまく合っていないと得てしてコミュニケーションが不足し、他愛の無いことでもぎくしゃくしお互いに不幸なことですが、税理士も十分力を出し切れないということはよくあるものです。

ですから性格的に合わないのであれば合わないことを認め、能力が不足しているならそれを認め、特に感情的になることなく、単により適した顧問税理士に変更するという合理的経営判断をしていただければ良いのではないかと申し上げます。

私どもの事務所でも、親会社の意向により親会社の税理士に変更したいという致し方ない理由の方はともかくとして、滅多にありませんが契約解除される方もいらっしゃいます。

曰く、親戚が税理士試験に合格したので云々というワンパターンな理由を仰る方はさすがに未だいらっしゃいませんが、もしこのフレーズを仰ったら、直に言えないけれども当事務所に不行き届きがあるものと受け取り、神妙に私どもの態度を見なさなければならないと常々思っております。

ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1074] 受付時間 9:00~18:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 横浜きた東口店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら